防火管理者

防火管理者.png
次に、防火管理者についてみていきましょう。
こちらは食品衛生責任者とは違い、必ずなくてはいけないものではありません。
お店の収容人数が30人未満の店舗では選任が不要です。
この”30人”という数には、お店の従業員も含まれます。
ということは、席数が20席、従業員が9人なら届け出は必要ありません。
ですが、席数が20席、従業員が10人なら届け出が必要です。
うん、何たる微妙なラインでしょうか。

さらに、30人以上の収容人数のある建物では、
その敷地面積によって必要な防火管理者の資格が異なります。
店舗の延べ面積が300㎡以上であれば、『甲種』防火管理者の資格が必要ですし、
店舗の延べ面積が300㎡以下であれば、『乙種』防火管理者の資格が必要です。

こちらの防火管理者の資格については、各地の管轄消防署で受講申込書が配布されているようです。
受講が資格の取得要件であるため、テストなどはない模様(地域によって異なるかもしれません)。
この資格は飲食店以外にも、ビル管理や養護施設などでも設置が必要となる場合があります。
甲種は2日間、乙種なら1日の講習となります。

この修了証も飲食店の営業許可申請に必要となる場合があります。




この記事へのコメント


トップページに戻る