融資を受ける

融資.png
結局のところ、自分でお店を開業するには数百万のお金が必要になります。
「そんなにお金がない!あきらめるしかない」といった声が聞こえそうですが、
本来ならあきらめて、開業資金を貯蓄するところから始めるべきだと私も思います。
ですが、ビジネスチャンスというのは、いつやってくるかわかりません。
何年も貯金してやっと開業にこぎつけたものの、
時代の流れもあり、歳をとったりして結局あきらめざるをえなかったり。
それでも納得できる人生なら大丈夫。
開業したって必ずうまくいくわけではありません。

しかし、『融資を受ける』という選択肢もあります。
「借金は嫌いだ」という方はとばしてください。
かくいう私もその一人。

お店を開くための融資には日本政策金融公庫の行っているものと、各自治体が行う融資制度、銀行等が行う融資があります。
とくに通常おすすめされるのが”日本政策金融公庫”でしょう。
新たな事業などで、経営実績が乏しいなどの理由で銀行等の信頼が薄く融資を受けられない事業者などを支える公的金融機関です。もちろん、『助けて』といえばだれでも融資を受けられるわけではありません。
しっかりとした事業計画が必要となります。逆に言えば、そういった融資を受けられるということは、将来性があると認められたことでもあるかもしれません。あくまで個人的見解ですが。




この記事へのコメント


トップページに戻る