具体的な飲食店の営業許可の種類

営業許可.png

営業許可申請をするときに、営業許可を受ける種類が一つ問題になります。
「飲食店なんだから、とりあえず飲食店営業でいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、
必ずしもそうとは限らないのです。
そもそも、飲食店が営業許可を受けなければならないということは、
”食品衛生法”という法律で定められており、この法律では営業上の種類において
”営業許可の必要な業種”というものをあげています。
ここに挙げられた業種のお店を経営するには、各管轄の保健所長の許可を受けなければならないのです。
業種種類
調理業
飲食店営業
喫茶店営業
製造業
菓子製造業
あん類製造業
アイスクリーム類製造業
乳製品製造業
食肉製品製造業
魚肉ねり製品製造業
清涼飲料水製造業
乳酸菌飲料製造業
氷雪製造業
食用油脂製造業
マーガリンまたはショートニング製造業
みそ製造業
醤油製造業
ソース類製造業
酒類製造業
豆腐製造業
納豆製造業
めん類製造業
そうざい製造業
缶詰または瓶詰食品製造業
添加物製造業
処理業
乳処理業
特別牛乳搾取処理業
集乳業
食肉処理業
食品の冷凍または冷蔵業
食品の放射線照射業
販売業
乳類販売業
食肉販売業
魚介類販売業
魚介類せり売り業
氷雪販売業

たとえば、パン屋と一口で言っても、いろいろなタイプがあります。
店内で飲食するのみのパン屋(あまりないかもしれませんが)の場合、飲食店営業だけでいいと思われます。
それが、テイクアウトもできる場合、地域によって違うものの、菓子製造業としての許可も受ける必要がある場合がほとんどです。
さらにパンといっても菓子パンを製造する場合、その内容によっても変わってきます。
ジャムパンをひとつとってみても、菓子製造業としての許可も必要です。サンドイッチも作って販売するとなれば、もちろんお店で調理しますので飲食店営業としての許可が必要です。
ところが、仕入れた袋入りなどのパンをそのまま店頭で販売する場合、これといって許可が必要ない場合がほとんどです。
この辺りは地域によっても判断が違うところ。
保健所で自身のやりたい営業を相談してみるとよいでしょう。




この記事へのコメント


トップページに戻る