個人事業主に必要な届け出

個人事業主.png

めでたく飲食店を開業し、あなたも個人事業主となった場合、やらなくてはならないことがあります。
それは、開業届を提出すること。
これは、お店の開業から1か月以内に必ずやらなくてはなりません。
これは飲食店に限ったことではなく、新しく事業を始めたときは届け出の必要があるのです。
それで、どこへ何を届け出ればいいのかというと、”税務署”へ”個人事業の開業届出・廃業届出等手続”をすることになります。

所得税法第229条
居住者又は非居住者は、国内において新たに不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業を開始し、又は当該事業に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものを設け、若しくはこれらを移転し若しくは廃止した場合には、財務省令で定めるところにより、その旨その他必要な事項を記載した届出書を、その事実があつた日から一月以内に、税務署長に提出しなければならない。

ということですが・・・、法律ってなんでこんなにわかりづらいのでしょうね。
要するに新しい事業を始めたり、やめたりした場合は税務署に届け出なさい、と書かれているのです。

手続き自体は難しくありません。
税務署に行って、備え付けの書面に書くだけです。
こちらは届け出なので、許可等と違ってそれによって営業できるか否かを決めるものではありません。
提出してくればOKです。

それと同時に必要になるのが、青色申告するなら青色申告の申請書。
現在、ほとんどの場合で青色申告の申請も同時に済ませているのではないかと。

私は地元の税務署で青色申告の説明会を受けました。
そのメリット、内容についてはのちのち、このブログで別記しますね。







この記事へのコメント


トップページに戻る