青色申告って?

個人事業主.png

青色申告申請は開業届と一緒に税務署で手続きしましょう、という話でしたが、
具体的に青色申告のメリットってなんでしょう?
※以下の内容については、専門家に相談するなど、ご自身で精査してください。

まず、赤字を3年間繰り越して、収入と相殺できることです。
開業したばかりは通常赤字です。それは、店が忙しく繁盛していても、開業につぎ込んだ資金を考えれば当然のこと。
最初の年が100万円の赤字、次の年が50万円の赤字、その次の年が200万円の黒字だったとき、
その年の課税所得は200万ー(100万+50万)=50万となります。
赤字の部分を確定申告で損失申告しておくことによって、黒字が出たときの課税所得金額が相殺できるということです。
これはかなりのメリットとなります。
この他に、帳簿を”複式簿記”でつけていれば65万円の課税所得控除、簡易簿記であれば10万円の課税所得控除を受けられます。
家族が従業員として働いている場合、その給与を必要経費として計上できるほか、自宅開業であればその光熱費等を一部経費として計上できます。さらに30万円未満の減価償却資産の取得の場合にはその全額を経費とできます。
などなど、青色申告には白色申告にはないメリットがたくさんあります。

そして、最大のデメリットは、『手間』です。
とにかくこういった書面を作るのは面倒です。
請求書や領収書の束を一枚一枚めくらなければなりません。

そこで、オススメは以下のソフト。

まずは無料ですから、そこから始めてみましょう。
自分で全部出来るようになるまで、こういったソフトに任せてもいいかと思います。
あとは早く自分で出来るように知識を身に着けていくといいですね。





この記事へのコメント


トップページに戻る