お店のイメージカラーは?

広報活動のカギ.png

あなたのお店のイメージを印象付けるイメージカラーを決めていますか?
お店のイメージカラーを持つことは、看板やチラシなどの集客物を作るときにも役立ちます。
さらには、お客様が持つお店に対する印象を左右することもあります。
一般的には赤や黄色などの暖色系が多いですが、スマートで洗練されたイメージを持つ青や緑などの寒色系をうまく使った大手の飲食店などもあらわれていますね。イメージ戦略としてうまくカラーを使えれば、集客に一役買ってくれることはまず間違いないでしょう。

以下にそれぞれのカラーイメージが持つ印象を簡単に説明します。これはこちらのサイトで以前私が作ったものです。何らかのヒントになれば、と思うので転載させていただきます。
では、代表的なそれぞれの色がどんなイメージを持っているかを少し紹介しておきます。
必ずしもこれにとらわれる必要はありませんが、参考までに見ておいてください。
logo151.gif
赤は情熱の色。強さやエネルギーを感じる色でもあります。それゆえに危険を感じたり、血をイメージさせることから暴力的であったりします。暖かい色の代表であり、食欲増進効果があります。炎などに示されるように興奮状態を表す色でもあります。
logo211.gif
それに対して青色は海や空の色なので、リラックスできてクールな色です。寒さを感じさせる色でもあり、冷静さ・孤独さ・悲しみなども青色が持つイメージです。さらに清潔さも感じる色です。赤とは逆に食欲減退効果があり、自然界には青色の食料が存在しないことが理由とされています。
logo32.gif
希望や明るさを感じさせる色です。快活なイメージを持ち、パワーを感じさせるときに使います。”黄色い声”という言葉もある通り、甲高い音を連想させたりするので、注意喚起の場面では黄色がよく使われます。
logo43.gif
緑は自然を表す色。自然界に一番多く存在する色です。バランスがよく、安心感を与えます。赤のような情熱的な力強さではありませんが、静かに内に秘めた強さを持つ色です。
logo511.gif
もっとも純粋な色であり、どんな色にも染まる色です。清潔感があって、膨張色としてもっとも極端な色です。使い方によっては空虚さや虚しさを表すこともあり、ほかの色を引き立たせる色でもあります。
logo6.gif
黒は高級感や力強さの色です。高級車に黒い色が多いのはこのためでしょう。収縮色であり、スマートさを感じさせます。半面、暗さや影などは黒であり、不安や恐怖を感じさせる色でもあります。
logo7.gif
女性的でかわいさを感じさせる色です。白と赤の中間色なので、両方の色の半分づつの特色を持っています。華やかで活発な印象を持ちながら、その反面、か弱く繊細な一面を持っています。
logo8.gif
古くから紫は高貴さの象徴とされていました。スピリチュアルな不思議さ、妖艶で奇怪な世界を表すことに使われる色です。ミステリアスさと精神の安定という二面性を持つちょっと不安定な色です。
色の好みやイメージというのは精神世界と深く結び付いていて、とても奥が深いものです。
ここに挙げたものだけが正解ではありません。ほかの色との組み合わせであったり、さらにその中間色であったりで受ける印象はずいぶんと違ってくるでしょう。
いかがでしょうか?
上記したように、食べ物をおいしそうに見せるには暖色系の色が好まれます。マク〇ナルドなどはいい例ですね。中華料理の店なども赤が効果的に使われることが多い印象があります。逆に欧風のお店などはブルーなどの寒色系をサラリとオシャレに使っているお店をよく見かけます。自然食や健康食などをウリにしているお店ではグリーン系のイメージカラーを使うことが多いですね。
こうした例をとってみても、イメージ戦略としてのカラーリングは重要と言えそうです。
ぜひ参考にしてみてはいかがですか?






この記事へのコメント


トップページに戻る