飲食店の営業許可に関する営業施設の許可基準 1

許可基準.png

飲食店の営業施設は許可を受けなければなりません。
その許可を受けることができる基準は、全職種に関して共通するものと、各個別の職種に関して必要なものに分かれて定められています。そしてその基準のそれぞれをクリアしていないと許可を受けることができません。
その基準をクリアしているか否かの判断は保健所の職員が立ち会い検査で行いますので、それまでに事前打ち合わせをしておく必要があります。内装工事が完成してから「許可が下りない!」ということになると、せっかく完成した内装がパーになってしまうかもしれないのです。
その共通の許可基準としては、以下のようなものです。
  1. 営業施設は、ごみ埋立地、湿地その他公衆衛生上不適当な場所に位置しないこと。
  2. 営業施設は、計画取扱量に応じた広さを有すること。
  3. 営業施設においては、食品又は添加物を製造し、加工し、調理し、保存し、又は販売する場所(以下「製造場等」という。)器具又は容器包装を洗浄し、消毒し、又は殺菌する場所(以下「容器洗浄場」という。)、原材料置場及び製品置場は、間仕切りその他の方法により住居その他の施設から区画されていること。
  4. 製造場等、容器洗浄場、原材料置場及び製品置場には、冷却、保温、殺菌等を必要とする場合その他特別の理由がある場合を除き、十分に採光又は照明及び換気を行うことができる設備が設けられていること。
  5. 製造場等、容器洗浄場、原材料置場及び製品置場には、ねずみ、昆虫等により食品、添加物、器具及び容器包装が汚染されないような設備が設けられていること。
  6. 製造場等、容器洗浄場及び原材料置場には、食品、添加物、移動して用いる器具及び容器包装をそれぞれ衛生的に保管することができる設備が設けられていること。
  7. 製造場等には、原材料の洗浄設備及び従業員専用の流水式手洗い設備が設けられていること。
  8. 製造場等及び容器洗浄場には、計画取扱量に応じた数及び大きさの機械器具及び容器包装が備えられていること。
  9. 製造場等及び容器洗浄場の機械器具類のうち、固定した機械器具類及び移動し難い機械器具類は、洗浄しやすい位置に配置されていること。
  10. 製造場等及び容器洗浄場には、飲用に適する水を十分に、かつ、衛生的に供給することができる設備が設けられていること。
  11. 製造場等及び容器洗浄場には、汚水を衛生的に屋外へ排出することができる設備が設けられていること。
  12. 製造場等、容器洗浄場、原材料置場及び製品置場の周囲の地面は、清掃しやすく、かつ、排水しやすいようにされていること。
  13. 営業施設には、更衣室が設けられ、又は更衣箱が備えられていること。
  14. 営業施設には、耐水性材料(厚板等水により腐食しにくいものをいう。以下同じ。)で作られ、ふたがあり、かつ、汚液及び汚臭の漏れない構造の廃棄物容器が備えられていること。
  15. 便所には、ねずみ、昆虫等の出入りを防ぐことができる設備及び専用の流水式手洗い設備が設けられていること

以上は、愛知県名古屋市のサイトから拝借いたしました。
いずれも至極単純で当たり前のように感じますが、意外と物件によって満たされない場合があります。
特に居抜き物件などは注意しましょう。









この記事へのコメント


トップページに戻る