居抜き物件って?

物件・ロケーション.png

飲食店の物件を探していると、”居抜き物件”という言葉が出てきます。
簡単に言えば、前オーナーがお店を経営しており、その設備等が引き続いて使用できる物件のこと。一見、手っ取り早くて設備費用もいらない、素晴らしい話のように思えます。
実際、内装・外装を取り壊して建て直すよりはずっと安価で営業開始までの道のりはずっと短くて済みます。

飲食店の中でも移り変わりの激しいラーメン店を例にとってあげれば、以前ラーメン店のあった貸し店舗に同じようなラーメン店が入って、内装はそのままなのに店主と店名と料理が変わったということはよくありますよね。
居抜き物件の設備等に関しては、前オーナーとの交渉・・・というか契約次第ですが、買い取りの場合と譲渡される場合とがあります。ほとんどの場合は買い取りになると思いますので、物件の値段プラス設備代というのが相当と考えましょう。

居抜き物件とは逆に、内装設備すべてを最初の状態に戻した物件のことを”スケルトン物件”と言います。
その建物ができた状態に戻してあるので、その後のレイアウトや設備の設置には適しているでしょう。ですが、「元の状態」とはいっても、経年劣化や使用頻度による消耗等はありますので、新品に戻るわけではありません。
まあ、当然ですよね。

どちらの物件がよいかは、予算・状態・場所・条件等で大きく変わってきます。
良い物件、納得できる物件が見つかれば一番良いでしょうが、物件探しはなかなか難しいものですよね。






この記事へのコメント


トップページに戻る