居抜き物件のメリットとデメリット

物件・ロケーション.png

前回、居抜き物件とは?ということに触れましたが、その居抜き物件のメリット・デメリットについて考えてみましょう。
それらは物件によって様々で、ケースバイケースであることは間違いないのですが、一般的に言われている点についてみていきたいと思います。

まず、最大のメリットとしては、内装費外装費が安価で済むこと。すでにあるものを使うわけですから、新しく購入する必要がありません。設備を選んだりする手間も省けるので、開業まで比較的短期間でたどり着けることもメリットの一つと言えるでしょう。そのほかにメリットとしては、前のお店に来ていたお客様を取り込むことができること。同じロケーションのお店で同じような業種であれば、まずはそのお店に一度は入ってみようと思う方が多いようです。

デメリットとしては、良くも悪くも前のお店のイメージを引きずってしまうことです。前のお店がどういう理由で閉店したか、前もって調べておくことがベストです(が、前のオーナーに直接聞いても教えてもらえるかどうかわかりませんが)。立地によって、どんなお店が入っても長続きしない場所というものはあるものです。考慮なく飛びついてしまうのは失敗のもと。
さらに、設備がついてくるからと言って、そのまま使えるとは限りません。前のお店の時は問題なく使えていたけど、電源を落としたり移動させたりしたときに使えなくなってしまったり。使用頻度の高いものなどは経年劣化も心配です。電気・ガス・水道も問題ないか注意しましょう。

テナントであれば、壁のヒビや割れなども注意が必要です。場合によっては退去時に原状回復請求をされてしまうかもしれません。それと、前オーナーとの間で、どの設備が引き渡しに含まれているか細かく取り決めしておくことをオススメします。てっきりついてくると思っていたソファーやテーブルがなくなっていた・・・ということはよくある話だそうですから。あと、大型冷蔵庫などは保証書や取扱説明書があるかどうかも重要。故障したときに修理業者に連絡がつかないと大変です。






この記事へのコメント


トップページに戻る