メニュー開発のヒントを得るための書籍

書籍.png

飲食店ですから、料理が命。
どんなにいい店がまえでも、料理がいまいちならお店の評価もいまいちになってしまいます。絶えずメニュー開発のヒントを探し続けるのは難しいですが、名物店と呼ばれるお店には必ず看板メニューがあるはずです。
そのヒントとなるかも(?)しれない本をAmazonで調べてみました。
こちらもあくまで参考に・・・。

プロ志向を究めるメニュー開発入門基本60項 (外食新メニュー実用百科)

新品価格
¥3,240から
(2016/12/9 09:34時点)

勝ち残る飲食店の「メニュー開発」はここが違う

新品価格
¥1,728から
(2016/12/9 09:35時点)

そば・うどん店の新メニュー開発教本―人気店がレシピ&技術を大公開! (旭屋出版MOOK)

新品価格
¥2,700から
(2016/12/9 09:35時点)

アイデアがどんどん浮かぶ!居酒屋メニュー開発入門―基本100項200品

中古価格
¥1,000から
(2016/12/9 09:36時点)

料理のアイデアと考え方2 -9人の日本料理人、12の魚介の使い方を議論する-

中古価格
¥3,933から
(2016/12/9 09:36時点)

新メニュー開発術 志向トレンド&テクニカル100の法則

中古価格
¥3,980から
(2016/12/9 09:37時点)

実売ユニーク料理から学ぶ!創作メニューヒント100選 (外食新メニュー実用百科)

新品価格
¥1,080から
(2016/12/9 09:38時点)

いかがでしょうか?
他店との差別化や話題作りには独創的なメニューが不可欠。
何らかのヒントが得られれば幸いと思います。






この記事へのコメント


トップページに戻る